復活愛無料メールマガジン

復縁方法に関する情報やおすすめの出会い情報、今流行りの婚活情報などを不定期でお届けします。
登録・解除はいつでも可能なのでお気軽に♪

お名前: メールアドレス: 

関連用語集「近親愛」

近親愛(きんしんあい)は、近親者同士の愛情を示す用語である。近親者同士の恋愛を同性愛などと並べる際に用いられることがある[1]。

サブカルチャーの幼馴染

多くは近親姦と同一視されるがそうではない。例えば、ペドフィリアと児童性的虐待が同一でないように、感情的な要素と実際の行動は別物であり、それには異なった意味合いがある。だが、多くの論者はこの性愛を無視する。近親愛にはファンタジーとしての要素があるが、これについては様々な論者がいる。ジークムント・フロイトは近親相姦的感情が抑圧される事が、自我の成長をもたらすと考えた。オットー・ランクはオイディプスの伝説にしばしば同性愛のテーマが付随する事を指摘し、同性愛のタブーが近親相姦のタブーに転じる事を指摘している。

近親姦には害がないという事を主張する論者もいる。特にアルフレッド・キンゼイの時代に起こった性革命を支持する立場はそうである。こういった人たちの場合、近親姦は子供の性解放であると主張される。キンゼイ報告によれば、4441人の調査対象女性のうち24%が子供時代に性的虐待を受けており、近親者による性的虐待は5.5%、父親または義理の父親によるものは1.0%に見られるという報告がされていた。それどころか、この報告は矮小化されたものであり子供時代に大人にアプローチされたのは実際には8割に上っていた。なお、キンゼイ報告は性的虐待とされる上限年齢を思春期開始の時期まで下げていたが、キンゼイ報告はランダム調査ではなかったので、調査にバイアスがかかっていた可能性はある。キンゼイはそのような発生率を見て慌てふためき、このような体験を当惑すべき事ではないと周囲を納得させたのである。

アメリカ合衆国ではキンゼイの同僚であるウォーデル・ポロメイは、1976年に「フォーラム」誌上で近親姦タブーを見直す必要を訴えた。1977年には「ペントハウス」誌で社会学者ウォーレン・ファーレムのフィリップ・ノーベルによるインタビューが載せられた。問題は、子供の性解放だというのである。1978年には同様のエドワード・ヘバールによる議論が「ハスラー」誌で載せられた。ヘバールは近親姦を違法とする法律の撤廃を訴えた。だが、ジュディス・ハーマンは実際のケースで後遺症が残るケースが多いとして、こうした動きに反対していた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%A6%AA%E6%84%9Bより

【女性向け復活愛】元彼・元夫との復縁方法はこちら
【男性向け復活愛】元カノ・元妻との復縁方法はこちら

Yahoo!ブックマーク登録

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加 復縁方法ガイドをクリップ! Buzzurlにブックマーク newsing it!

メインメニュー

関連用語集

参加中ランキング一覧です

サブメニュー

相互リンク募集中

当サイトはリンクフリーかつ、只今相互リンク募集中です。相互リンクしてくださるサイト様はコチラよりお申し込みください。